ネットショップ パソコン便利グッズ 仕事

【動画付き】34インチ曲面ウルトラワイドモニターLG34WL75C-Bレビュー、購入理由(解像度が重要)

  • ウルトラワイドモニターの購入後レビューが気になる
  • ウルトラワイドじゃなくてもいいんじゃない?
  • なんでこのLG34インチにしたの?
  • ウルトラワイドモニターって種類たくさんあるけど選び方教えて
  • ちょっとでかくない?
  • MacbookのRetinaディスプレイと繋ごうと思ってるけど、文字がにじまないかな?
悩んでいる人

こんな声にお応えします。

クロコ
こんにちは、@クロコです。
2019年の12月にウルトラワイドモニターを購入いたしました。
本記事では5ヶ月間の使用レビューと購入理由を分かりやすくお伝えします。

目次

34WL75C-B 外観レビュー

継ぎ目のないディスプレイ
  • 継ぎ目がない!十分な広さ。
  • 配線すっきり!(デュアルモニタに比べて)
  • 21:9の比率で見上げる高さではないから疲れにくい!
  • 高さ調節できるから、ノートパソコンの上に設置できる
  • モニタアームを使えば机も広々

34WL75C-B 使用感のレビュー

外観はその大きさが所有感を満たすアイテムです。
ディスプレイの使い勝手も最高です。

擬似マルチディスプレイ可能:専用ソフト/image captureで画面分割

by lg.com

デュアルディスプレイ派の方は、継ぎ目がないということが逆に「画面の微調整がいちいち面倒かも」と思うかもしれません。

しかし、専用の画面分割ソフトで、あらかじめパーテーション(区切る位置)を決めておけば、細かい画像調整をしなくてもそのエリアにウィンドウを持って行けば、自然とその区切られたサイズになります。

付属のCDもついてきますし、ダウンロードページもありますので、お使いのパソコンにディスクが入らなくても大丈夫です。

ONSCREEN CONTROL(オンスクリーンコントロール)機能

文字はにじまない?解像度に注目
(Macbookユーザーにおすすめ)

Macbook pro を使っている方で、外付けディスプレイにつないでいる方は、繋いでみたらディスプレイが滲む、文字が汚く見えることがありませんか?

それはMacbook の Retina ディスプレイ が綺麗すぎるんです。

ppiという単位に注目!ディスプレイの綺麗さの数値。

ppiはピクセルの密度を表す単位ですが、こちらの数値が多いほど画面がきれいになります。

ppi(ピーピーアイ)とは、pixels per inchの略で、ディスプレイやビットマップ画像における解像度を示す単位である。 別名画素密度 (pixel density) とも呼ばれる。 解像度とは、すなわち、画像を表現する格子の細かさであり、一般に1インチあたりのピクセルの数を表す(1平方インチあたりではない)

PPIを計算した比較表

こちらのサイトでppiを計算できます。

私が気になっていたディスプレイの密度の一覧です。

こちらのサイトに手入力をして、自力で計算してみました。

●フルHDモニター

21.5インチ フルHD 解像度:1920×1080 102ppi
24インチ フルHD 解像度:1920×1080 92ppi
27インチ フルHD 解像度:1920×1080 82ppi

●高解像度モニター

LG 24UD58-B 4K 解像度:3840×2160 184ppi
LG 27UK850-W 4K 解像度:3840×2160 163ppi
WQHDモニター 24インチ 解像度:2560×1440 122ppi
WQHDモニター 27インチ 解像度:2560×1440 109ppi

●ウルトラワイドモニター

LG LG34WL75C 解像度:3440×1440 110ppi
LG 49WL95C-W 解像度:5120×1440 109ppi
LG 34WL500-B 解像度:2560×1080 82ppi

●アップル製品

Macbook pro air retina 13 解像度:2560 x 1600 227ppi
Macbook pro 16 解像度:3072 x 1920 226ppi
iMac 27インチ 5K 解像度:5120×2880 218ppi
iMac 21.5インチ 4K 解像度:4096×2304 219ppi
iPhone 11 pro 解像度:2436 x 1125 458ppi

Macは画面が綺麗です。外付けモニターに繋げると文字が汚く見えるのはppiが低いからです。
ppiの高めのモニターを接続すると綺麗に映し出されます。

綺麗さだけで選べば、4Kの24インチか、27インチがおすすめです。

今回のLG34WL75Cは4Kには劣りますが、フルHDよりも綺麗で画面の大きいのでバランスが取れています。確かにRetinaに比べると綺麗さは劣りますが、文字がにじんだりぼやけたりする事はありません

しかし、2560×1080を選んでしまうと、画質は悪くなります。

以前、フルHDの27インチ(82ppi)を選んだ時は文字がぼやけていて、普段Retinaディスプレイに慣れている私は長時間は耐えられなかった経験から、大画面でフルHDのppiはおすすめしません。

解像度と画面の大きさの関係

これを見ると、なぜiMac27インチが4Kディスプレイではなく、5Kディスプレイにしたのかがわかります。

27インチで4Kの163ppiという解像度では、PPI(ピクセルの密度)でRetinaに劣るからです。

Retinaに劣らない高精細ディスプレイを27インチで実現しようと思ったら、もう一段階解像度を上げる必要があったのです。

5Kにすることで、200ppi以上を実現できます。きっと200ppi以上がアップルの基準なのかもしれません。

逆に21.5インチは画面そのもののサイズが小さくなるので、4Kでも200ppi以上を実現できるのです。

iPhoneはパソコンに比べて画面が小さいので、458ppiという突出した超高密度なディスプレイを実現できるのです。

Appleはそれだけ画面の綺麗さを大事にしているということが分かります。

曲がっている。曲面、湾曲ディスプレイってどう?

曲面はおしゃれ。所有感を満たす先進アイテム!
実用面でも首振りが少なく疲れにくい。

ディスプレイの端っこが自分のほうに向かっているので、ストレートなタイプより、画面が近づき、首振りの範囲が狭くなり少し楽になります。

作業領域。2画面にするにはちょうどいいサイズ、頑張れば3画面OK!

3画面のイメージ図

iMac27インチを使っている方で、もう少し横幅があったらなあ、という方にお勧めのサイズです。

一度測ってみてほしいのですが、1つのウィンドウで十分な情報量かつ少し余裕のあるウィンドウのサイズは35㎝~40㎝です。30cmでもウィンドウとして成立しますが、少し窮屈な印象です。

こちらのモニターは横幅が82cmなので、2画面で余裕、3画面でもなんとか使えるサイズで、快適です。

また、似た大きさで、32インチというサイズがありますが、これは縦幅が42.5cm。目線が高くなりすぎて首が疲れやすいです。

長時間の作業を目的とする方であれば、高さがありすぎるディスプレイは避けたほうが無難です。

34インチの湾曲ウルトラワイドモニターはその絶妙なサイズ感で、首を上下にも左右にも動かさず、目線の移動のみで2画面、3画面の構成で仕事ができます。

長時間、複数のウィンドウで効率的に作業をしたい方にとってはおすすめです。

ウルトラワイドモニターのメリットと使い方

パソコンをデスクトップ環境で長時間行う方におススメです。

そして、デュアルモニター派とシングルモニター派の抱えているそれぞれの悩みを解決するものであります。

デュアルディスプレイ派の悩み

・モニターが2つあるので配線がごちゃついて若干ストレスになっている

・継ぎ目が邪魔に感じる

こんな悩みを解決します。

シングルモニター派の悩み

・27インチでも小さく感じる。もう少し作業領域を増やしたい

・デュアルディスプレイは煩わしい

こんな悩みを解決します。

ノートパソコン用の外付けモニターを検討している方にも断然おすすめできる商品です!私はmacbook pro の外付けモニターとして使っています。

両派に共通していることは、ストレスなく作業領域だけ増やしたい

デュアルモニター派もシングルモニター派も、このウルトラワイドモニターが気になっているということは、

ストレスなく快適な作業領域を増やしたい、ことだと思います。

この曲面ウルトラワイドモニターであれば、継ぎ目のないストレスフリーな広い作業領域を確保しながら、配線をごちゃつかせません。

オシャレで存在感のあるインテリアとして眺めても気持ちがいいです。

1画面で大きく使いたい時も便利【動画編集、ゲーム、エクセルをよく使う方】

横に長く画面を必要とする作業は一気に見やすくなります。

例えば動画編集時のタイムラインや、エクセルで商品データ、CSVを見るときには一望できるので、爽快感があります。

2画面、3画面で大きく使いたい時も便利【ウェブサイト運営、ブログ、店舗運営、統計など仕事メインにする方】

ネットショップやブログなどWEBサイトを運営していると、2画面、3画面あると効率がいいです。

2画面構成の場合、1つの画面で自分のショップやブログを閲覧しながら、もう1つの画面でエクセル統計データを見たり書き込んだり、

またそのままコーディングしたり、執筆したりできます。

2画面それぞれ使う、というより2画面で一つの作業が進めやすい作業に向いています。

3画面構成の場合は、上記に加えてカレンダーやタスクリストなどもう一つ補足で閲覧できるソフトを立ち上げておくと、予定管理にも使えて便利です。

画面が大きいので、マウスの移動が多く腕が疲れてしまう事があります。

そんな時は、トラックボールマウスがおすすめです。

【MXERGOレビュー】1年半使用 ロジクール MXTB1s トラックボール【肩こり解消】

大きすぎる?おすすめの机のサイズ

34インチって大きすぎる。でかすぎる。

そう思っていましたが、6畳の部屋にこのディスプレイを置いていますが、意外と圧迫感はありません。

モニターサイズ(約)は、

横幅 81㎝、高さ36cm、奥行 20cm

なので、横幅90㎝あれば大丈夫です。

奥行70cm×幅140cmで余裕、120㎝×60㎝でも充分

私は、余裕を持たせたかったので、机も新たに購入しました。

現在の机のサイズは140cm×70㎝です。

横幅も奥行も十分です。34インチは横幅が約80㎝あるので、左右30㎝ずつ余裕があります。

画面がちょっと遠いかな、と思うときもあるので、予算や部屋の都合によっては、120㎝×60㎝でも充分だと思います。

20㎝幅の自作PCや、書類棚も置くことができます。

私は電動昇降スタンディングデスクを購入しました。高さが調整できて、天板の色味や角丸なデザインも気に入っています。

 

電動昇降デスクFlexsispot(フレキシスポット)のレビュー。子育て世代の在宅ワークにおすすめ。

 

 

 

机が小さい方はモニターアームがおすすめ

 

以前私は奥行き45cmのパソコンデスクを使っていましたが、狭いのでモニターアームを購入しました。

そのモニターアームがこちらのウルトラワイドモニターに使えるので、有り難いです。

 

デスクの奥行を確保することは意外と大切です。

キーボード、マウス、トラックパッドなど操作も快適になりますし、ノート、手帳、ipadを広げるスペースがあると仕事がはかどります。

macbook pro を真正面に置いても大丈夫なので、トラックパッドもそのまま使えます。

純正スタンドをつけている場合は奥行に余裕を持っておきましょう。

スタンドの最奥側からディスプレイ直下までは約20㎝あります。

スタンドをそのまま使う方は奥行70㎝のほうが広く使えます。

もし部屋の関係で奥行きのある机を設置できない場合はモニターアームがおすすめです。

ウルトラワイドモニターの検討理由

最後に、なぜ私がウルトラワイドモニターを買おうと思ったのかをお伝えします。

以前はデュアルディスプレイを運用していました。しかし、デュアルディスプレイは首振りが疲れるというデメリットがありました。

 

はじめてのマルチディスプレイ 必要なものと選び方

 

そこで一旦シングルに戻したのですが、そうすると27インチでも画面が狭く感じる。

ということで、上記に挙げたシングル派の悩みとマルチモニター派の悩みを抱えていました。

このモニターはその2つの悩みを解決できると感じました。

私が購入した理由は、

・マルチ画面だけでなく、シングル大画面としても使える2wayな点

・見た目がいい。(曲面が新しい、配線もすっきり)

これ一つあれば、作業領域の確保はもちろん、インテリアの一部としても機能します。

効率、見た目ともにテンションを上げてくれるデスクトップが完成します。

曲面ウルトラワイドモニターのなかでも34WL75C-Bを購入した理由

それは高解像度と高さ調節ができる点、そして機能と価格のバランスです。

Macbook pro ユーザーに必要なのは高解像度ディスプレイ

Retinaディスプレイが綺麗すぎるので、外付けディスプレイにしたとき、フルHDだと文字がぼやける、画像が汚くてテンションが上がらないと感じます。

上述の通り、私はmacbookで使うことを想定していました。

Retinaのディスプレイが美しいので、文字がぼやけたりすると疲れます。

ウルトラワイドディスプレイの中でも、2560×1080と3440×1440がありますが、ppiをから考えると34440×1440のほうが奇麗なので、こちらにしました。

解像度だけ考えると4Kしたほうがいいじゃん、という声が聞こえてきそうですが、4kほどのppiを確保できるウルトラワイドのものは現状ありません。

高さ調節ができる

高さ調節機能がついていますので、最大で21cmの高さに調整すれば、首こり肩こりの原因であるストレートネック対策になります。

サイズと価格のバランス

 

Amazon サイバーマンデー時

実は、LG49インチ(LG、Dell)と迷いました。こちらは横幅120cmあるので、40cm幅のウィンドウが3つ余裕で入るというトリプルディスプレイ環境を1画面でやってのける、超広大なスクリーンです。

しかし、価格は16万、とパソコン一台買えてしまうお値段で断念しました。

一方で、LG34WL75C-Bは定価は約75,000円と高額ですが数ヶ月頑張れば手が届くお値段でした。

さらにアマゾンサイバーマンデーのセール対象商品で59,800円になっており、こちらに決めました。急ぎではない方はセールを狙いましょう。

※今、急激にレビュー数が増えているので、売れていると思います。

38インチもあるのですが、インチ数がそこまで大きく変わらないのに15万ぐらいするので、

そこまで出すんだったら49インチがいいけど、今そこまでの余裕がないので、34インチにしました。

こんな方におすすめ

・マルチ画面ができること実は万人向け

 ネット検索、ネット通販、自治会や子供の部活の資料をつくるとき、仕事以外の日常使いに役立ちます。

・シングル大画面が使えるのはエクセルでデータ分析をする人、動画編集者やゲームを楽しむ方におすすめです。

34WL75C-Bのまとめ

・1台でシングル大画面もマルチ画面の2way使いができる点

・大画面に包まれているのでのめりこんで集中できる感覚

・曲面は新しいのでインテリアとしてテンションが上がる

これは、すぐ目の前に座りたくなる麻薬的要素のあるやみつきディスプレイです。

 

▼こちらの記事もおすすめです▼

【まとめ】デスクワークの肩こり対策グッズ【おすすめ6選】で快適テレワーク。

急な在宅勤務により、自宅でのパソコン仕事が増えていて体があちこち痛くなったらデスク環境を見直すのがおすすめです。

それでは良きデスクワークを。

Copyright© 地方でWEB暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.