パソコン便利グッズ 仕事

電動昇降デスクFlexsispot(フレキシスポット)のレビュー。子育て世代の在宅ワークにおすすめ。

電動昇降デスク、flexiispot、フレキシスポット
腰痛対策からスタンディングデスクを検討しているけど、実際どうなん?
値段が高いからなかなか購入に踏み切れないなぁ〜。
誰かレビューしてくれないかな。
悩んでいる人
クロコ
Flexispotの電動昇降デスクを5か月使ったのでレビューいたします。

・スタンディングで仕事ができるみたいだけど、実際使うかな?

・金額的にも物理的にも大きい買い物だから、失敗したらどうしよう?

こんな不安を和らげるべく、私の購入経緯と写真付きのレビューでお伝えします。

レビューの前に私の購入理由やきっかけについて語ります。

本当にこんなものが必要なのだろうか?と考えた時、納得していれば後悔なし!

早くレビューを知りたい、という方はこちら

動画でご覧になりたい方はこちら

https://youtu.be/X4kZU6BEc-c
 

私のお買い物語

私の購入理由は、

  1. 姿勢改善、机の高さを低く調整できる
  2. スタンディングそのものへの興味

です。

姿勢改善、机の高さを低く調整できる

私はネットショップを運営していて、基本的にはずっとパソコンの前で仕事をします。

2年ぐらい前から、肩こりがひどくなりました。

原因を調べると長時間のデスクワークの姿勢に問題があることがわかり、その対策の一つとして、適正な高さの机を探すことにしました。

デスクワーク環境を改善するべく、姿勢改善の情報をたくさん集めました。

パソコンの疲れにくい姿勢をまとめると、

肘の膝は90度、背筋を伸ばし、目線は少しだけ下、ということが共通していました。

その中の一つに、バウヒュッテの適正姿勢のページがあり、自分のデスクワークの適正な高さは思ったより、【低い】ことがわかりました。

バウヒュッテ椅子、机の高さ

私の適正な机の高さは、65cmだったのです。

バウヒュッテ公式ページ

こちらのサイトで驚いたことは、

書き仕事とキーボード作業は適正な机の高さが違う、ということです。

書き仕事での適正な高さは70cmでした。

書き仕事の基準で作られた机では、ひじが上がってしまい、90度にすることは難しいのです。

楽天やアマゾンで探したところ、高さ65cmは選択肢が少なく、70cmぐらいのものがよく出回っている様子でした。

スタンディング目的で昇降デスクを買う人が多いと思いますが、私は逆に低く設定できることに魅力を感じ昇降デスクにたどり着きました。

スタンディングデスクそのものへの興味

もちろん、スタンディングデスクで仕事をするその新鮮な行為自体にも興味を持ちました。

腰痛対策にもなるということで、長時間のデスクワークに体をいたわるという点では同じ目的です。

結論!Flexispot購入後レビュー。買って良かった点

  1. 低くできる
  2. 高くできる(スタンディングって実際どう?)
  3. メモリー調整
  4. 組立は簡単?裏技も紹介

低くできる

電動昇降デスクは、スタンディングできる、高さを注視してしまいますが実は低くできることも大きな利点になります。

  1. 低身長の方のため。
  2. 子供用のお絵かきテーブルとして。

低身長の方のため

低身長というとどこぐらいかは、相対的なもので個人にもよりますが、

私は男で167cmなので平均よりは低いと思います。

男性に限れば少ないのかもしれませんが、机選びは成人男性に限った話でもありません。

家族がいる方であれば、妻や子供、兄弟もいますよね。

共同で使ったり、机を貸したりする場合にも便利です。

子供用のお絵かきテーブル、動画鑑賞用として

小さい子供が動き回るようになってから、仕事部屋に遊びに来るようになりました。微笑ましいことではありますが、仕事が捗らないことがあります。

少し前まではウルトラワイドモニターを使って、どっしりと真ん中に座って作業をしていたのですが、それも難しくなってきたので21.5のモニターを引っ張り出し、子供と共存するべく半分デスクスペースを作ってあげました。

※完全に1人のスペースを確保できる方は大きいモニターがおすすめです。(LGのウルトラワイドモニター34インチのレビュー記事はこちら

机の高さを低く調整して、動画を見せたりお絵かきをさせたりして1時間ぐらいは自分も仕事をしながら一緒にデスクで過ごしてあげられます。

また、今後は小学生でもプログラミングの授業があるということで、家で小学生、中学生、高校生の子供がパソコンデスクに向かってパソコンの勉強をする事も普通になってくると思います。

そこまで考えると、長く使えるデスクではないかとお思います。

高くできる(スタンディング機能)

低くできることは自分にとってメリットでしたが、電動昇降デスクのメインの機能はスタンディング、立って仕事ができることに魅力を感じている人も多いはずです。

設置した初日から、「机が高くなる!」と、その新鮮さに興奮しました。

机が上昇する光景は生まれて初めて見ましたから。

実際に立って仕事をすると気分転換になります。

腰への負担はどうかと言われると、感覚的には正直よく分かりませんが、理屈上は負担を減らしているはずです。

[char no="2" char="ヨメコ"]でも、最近は高くして使っているのってあんまり見てない。[/char]

スタンディング機能は、まだ頻繁に使っていないのが現状です。

これまで座って仕事をしていたので、意識して「今日は1時間スタンディングで仕事をする」と意識をしないと習慣化しないかもしれません。

あとは、快適なゲーミングチェアを買ってしまったので、それも原因です。

https://ishinnikki.com/gamingchair-bauhutte/

快適すぎて、このままでは足の筋肉が衰えそうなので、せっかくですから習慣化していこうと思います。

メモリー機能

昇降デスクには、手回しのクランプ式と電動式があります。

手回しは疲れそうですが、頻繁に上げ下げをしなければ、そこまで負担ではないと思います。

しかし、自動調整は電動にしかできません。

設定したお好みの高さまでボタン一つで移動するのでラクちんです。

3つまで登録できるので、私の例を紹介します。

  1. 椅子に座るときの適正な机の高さ(65cm)
  2. スタンディング時の適正な机の高さ(90cm)
  3. 子どもが寄ってきたときの机の高さ(60cm)

です。

超簡単!メモリー機能の調整方法

難しそうに見えますが、実は簡単です。

  1. 目的の高さまで調整する。
  2. メモリーボタンを押す。
  3. 割り当てたい番号を押す。

以上です。

★詳しく知りたい方は動画の5:43からご参考ください★

組立て、裏技も紹介

本体はとても重いです。

あの筋肉モリモリの佐川のお兄さんでさえ、「お、重いっすw」と苦笑いで届けてくれたほどです。

脚が重い

フレキシスポットの脚がとても重いです。

脚だけで重量は35kgあります。

床に落とすと確実にキズがついてしまうので、梱包されてきた段ボールを下に引いて組み立て作業をするといいと思います。

ひっくり返して脚を組み立てるシーンもあるので、気をつけてください。

ラクしたい方は天板は乗せるだけでOK

天板の取り付けは億劫です

本来は、電動ドリルを使って天板を固定します。

しかし、私は電動ドリルを持っていないことに買ってから気づきました。

でも大丈夫です。

脚ができたら、実はその上に乗せるだけでOKです。

ズレない?という心配もあるかと思いますが、天板自体もそこそこの重量があるので、のせてパソコン作業をするぐらいなら今のところ何の問題もありません。

狭い脚の下にしゃがみ込み、天板の裏を見ながら電動ドリルで天板を取り付ける手間はいりません。

天板の選び方

天板のサイズ

可能であれば、140cm×70cmの購入をおすすめします。

人間が2人横並びで座れるからです。

私はこれを8畳の部屋においてますが、圧迫感はありません。

天板の色

flexsipot(フレキシスポット)は、脚のみでも売っていますので、お好みの天板を選ぶことができます。

私はマホガニーというおしゃれな木目にしました。

好みの問題ですが、木目の天板にしたかったのです。

黒よりも重くなりすぎず、白よりも温かみがあり、おすすめです。

しかし、Amazonの商品写真は色味が違うので注意です。写真ではダークブラウンに見えて、部屋の書棚がダークブラウンだったので色を統一しようと思っていたのですが、届いた商品は結構明るめの茶色になります。

明るいので木目がしっかり目立って、インテリアとして統一はしていませんが、カフェのテーブルのようでこれはこれで気にっています。

★詳しく知りたい方は動画の6:52からご参考ください★

天板のカタチ

既製品では、ストレート天板とカーブ型天板があります。

1人で使用するなら、机の角でお腹が圧迫されないのでカーブ型天板はいいなと思いました。

子どもや妻と並んで使う兼用目的なら、ストレートがおすすめす。

私は兼用目的でしたので、ストレート天板にしました。

数ある中からFlexsipot(フレキスポット)を選んだ理由

木目の天板がセットで売ってあったからです。

2019年12月のアマゾンサイバーマンデーで激安で購入することができました。

バウヒュッテなど安い電動昇降デスクもあります。

こちらを選ばなかった理由は、

  • 天板のカラーが黒のみ
  • カーブ型天板
  • 電動ではない

だったことから、好みと目的に反するからです

また、サンワダイレクトも同じような価格帯でありますが、

天板の角が直角に尖がっているという理由でやめました。

子供がそばに近づいてくるケースも多いので、より安全な角丸加工のフレキシスポットの天板セットにしました。

私は好みの天板が既製品で販売してったのでラッキーでしたが、よりこだわる方はIKEAや木材屋さんで板の特別オーダーをするといいと思います。

ちなみに、私はネットで見つけたマルトクショップというところに見積もりまで行いましたが、意外と高くつき(天板のみで2万ぐらい)、悩んでいました。

ちょうどそのタイミングでAmazonのセールが始まり、Flexispot(フレキスポット)がセール対象になっていたので、脚と天板セットでの購入を決めました。

天板巡りをしていた時、近くのホームセンターもよく足を運びました。

幅120㎝×60cmぐらいの一回りコンパクトな1人用の天板ならいいのが見つかるかと思います。

角の加工を気にされない方ならおすすめです。

まとめ

少々値段が高いですが、この電動昇降デスクを購入してよかったと思います。

  1. 低くできる
  2. 高くできる
  3. 好きな天板を選ぶことができた

低くできる利点は、自分の身長に合わせた高さや、子供の遊び机にできることです。

140cm×70cmの天板なら大きなウルトラワイドモニターも余裕で設置できるし、モニターを2台独立しておくこともできます。

テレワーク要請により在宅勤務が長期化しています。

長時間のデスクワークで、同じ姿勢で過ごしていると腰への負担がきます。

普段はしっかりと自分の身長に合った机の高さに調整し、たまに立って仕事をして、腰をいたわってあげます

子どもが近くに寄ってきたら、一番低い60cmに調整して、一緒に過ごします。

お好みの高さもワンタッチで自動移動してくれる電動昇降デスクで自宅で快適に作業することができると思います。

この記事がご参考になれば幸いです。

れでは良き在宅ワークを。

Copyright© 地方でWEB暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.