iPhone カメラ 動画撮影

iPhone 11 pro のカメラレビュー(超広角、夜景)、選び方、購入理由

先日、iPhone 11 pro を購入したので紹介します。

[char no="1" char="ステップ"]
  • 買う前に、カメラ機能、とくに超広角や夜景のリアルな動画を見てみたい
  • 11シリーズは何となくほしいけど、どれを選んだらいいか迷っている
  • 違いや購入理由を参考にしたい
[/char]

こんな声にお応えします。

本記事の主な内容

・iPhone 11 pro のカメラレビュー
・iPhone 11 シリーズの選び方
・私の購入理由
・購入前の素朴な疑問

iPhone 11 pro のカメラのレビュー

動画編。超広角、夜景。

iPhone 11 pro のカメラのレビュー。 静止画編。超広角。日中。

近くにある大きいものを写すのに便利です。

iPhone 11 pro のカメラのレビュー。 静止画編。ナイトモード。

さっと、片手で手振れなし、明るく撮れます。

迷う方必見!iPhone11シリーズの選び方

3種類の機種から選ぶ。iPhone 11と11proの違い 11pro Maxは? 値段や機能、サイズの比較

11proと11proMaxの大きな違いはサイズです。

まずは11と11proとの違いをしっかり把握しましょう

大きな違い:望遠カメラがあるかないか?です。

Apple 公式サイトより

最も大きい差が、この望遠カメラがあるかないかです。

望遠カメラに3万円近く出せる方は、こちらを選んだほうが幸せになれます。

11proではなく、11も超広角カメラは搭載されております。私は勘違いしていましたが、11proに超広角がついており、11は超広角レンズがついていないものと思っていました。11proと11の大きな違いは、超広角カメラの有無ではなく、望遠カメラの有無、という点が勘違いポイントでした。

小さな違い:

・ディスプレイ性能

・防水性能

・バッテリー性能

ほかはディスプレイが奇麗とか、防水もっと潜れるとか、バッテリーの持ち時間などありますが、日常使いで恩恵を体感できることは物理的にカメラがあるかないか、です。

ディスプレイはSupuer Retina XDR で Liquid Retina HDという違いがあり、11proのほうが奇麗だと思いますが、以前に使っていたiPhone7 plusでも充分キレイなので、画質の差を体感することは少ないと思います。

防水機能は、11proのほうが2m深いところまでいけますが、普段潜りますか?

それどころか雨水にもあまり濡れないので、気にしなくてもいいかと思います。

バッテリーは1時間長く、11proの方が長持ちします。

誰でも見てわかる差は、カメラです。

カメラにこだわりのある方は、11proがおすすめです。

逆に、コストを抑えて最新機種を選ぶ方は11がおすすめです。

3万円の望遠レンズは安い

これは一眼レフユーザーならイメージしやすいと思いますが、

レンズ1つに3万円は安いです。評判のいいレンズだと6万~10万、

超プロ級だと15万~20万ぐらいするものもあります。

スマホ画質ですが、付け替え不要で3つの画角を楽しめるなら安いと思います。

11proを買う人はこんな人

 ・カメラにこだわりがある人

 ・一眼レフに挫折したけど、写真は好きな人

色を選ぶ。基本は好きな色。迷ったら売れる色、新色。

基本は好きな色でいいと思います。

でも色で悩むかもしれません。

そんな時は、人気カラーを選んでおきましょう。

iPhoneは中古の価格も高いですから、新機種を買うときにオークションサイトやフリマアプリ「ヤフオク、メルカリ、フリマなど」で販売するときに、売りやすいです。欲しい人が多いほうが商品自体のアクセスもあがりますからね。

※車も同じらしいですよ、黒、白は値段が付きやすいそうです。

新しい色が出たなら新しい色に挑戦しましょう。それだけで話題になるし、ちょっぴり自分が新しいことに挑戦している気分になります。iPhone 7 plus が出た時はジェットブラックにして、今回はミッドナイトグリーンにしました。

私は好きなのですが、3眼カメラのタピオカデザインが嫌だという人もいますよね。

それを目立たせたくないのであれば、カメラが黒なのでスペースグレイにしておけば色の一体感が出て目立ちにくいのではないでしょうか。

容量を選ぶ。4年iPhoneを使っていたら64GBは少ないかも。256GBがおすすめ。

64GBで十分だと思っていたら、買った2日後に容量の90%を使っていたことに気づき、容量アップのために返品した私です。

時間と手間がかかりましたので、失敗に気をつけてください。

長期コストで選ぶ

容量アップに関しては長期コストで損得を考えましょう。

私が購入したiPhone11proの現時点での価格差は、17,600円です。

64GB 117,480円(税込)

256GB 135,080円(税込)

これを安いとみるか、高いとみるか、です。

64ギガから256ギガは、約200GBの増量です。(192GB)

試しに、icloudの200GBと比較してみましょう。

こちらは、月額440円((税込)

1年間で、5,280円です。

2年間で、10,560円です。

3年間で、15,840円です。

4年間で、21,120円です。

安く抑えるなら64GB+icloud200GB、動画をよくとるなら本体256gbがおすすめ

上記をみると、3年ぐらなら本体の容量を増やすのではなく、icloud200GBを契約したほうが安上がりです。

ただし、icloudのデメリットは、ネットにつながっていないと、データを見れないということです。

雲の上(インターネット上)にデータがありますから、見るためには一回自分の端末にダウンロードするという作業があります。

そのとき、Wifi環境下になかったり、速度制限がかかっていたら、見たいデータを見れずにストレスを抱えるかもしれません。

私の場合、ホームビデオを作りたいのでこれからガンガン動画を撮影することを考えると、本体の容量を増やすほうがいいかなと思いました。

本体容量がたっぷりあれば、速度制限を気にしなくていいですからね。

これは、各々の使い方が違うので、自分はどんな使い方をするのか(写真、動画、サファリ)をよく整理しておきましょう。

私のような使い方でしたら、本体256GBがおすすめです。

11pro と 11 pro Max どっちを選ぶ?違いは?サイズ。

私が11proを購入したので、11proベースでお伝えしました。

11pro MAXとどっちがいいの?っていう方は

まずは11proと11pro MAXの違いを明確にしましょう。

h4 11pro と 11pro MAX の違い

256GBベースでお伝えします。

●値段の違いは14,300円

11pro:135,080(10%税込)

11proMAX: 149,380(10%税込)

11 pro のサイズ感

●iPhone 7 Plus との比較、外観

●iPhone 7 plus との比較、画面

●メンズに嬉しい、ボトムスの前ポケットに入るサイズ。

●11 pro maxのサイズ感 

・ kindleなど電子書籍を読むのが少し楽。

iPhone 11 pro と 11 pro MAX 、おすすめはどっち?

iPhone 11 pro がおすすめです。

やはり、片手で使えないというのは不便、というか片手で使えるほうが便利です!

iPhone 7 plus のカメラは好きでしたが、唯一このサイズ感だけは少し不便でした。

7や8シリーズでは、サイズを小さくすれば、カメラ性能が落ちますが、

11シリーズはサイズを小さくしてもカメラ性能が落ちないことが魅力です。(11proはむしろ最小!)

私は小さい子供がいて子育て中なので、

片方で子供を抱えることが多いです。

そんな時のライン返しや、メモ、支払いなどに便利です。

電車通勤の方や子育て中、荷物が多い人など、生活に少し制限のある方は片手で使えるサイズがおすすめです。

購入理由→カメラとしてのiPhone の魅力

iPhone 11 pro のカメラ進化は iPhone 7 Plus 以来の衝撃!

2016年当時、CanonのEOS70Dという一眼レフに夢中になっていました。ボケる写真は好きなのですが、本体が重いこと、レンズの付け替えが面倒なのと、レンズが高額、さらにレンズ沼という、上を目指せばキリがないことに疲れていた時期でありました。

そんな時、突如とiPhone 7 plusがリリースされました!

今では普通になりましたが、望遠レンズを搭載したデュアルカメラ(2眼カメラ)に加え、ポートレートモードという人物の背景をぼかす機能追加、さらにアップルペイ対応でSuicaが使えるようになったことです。

これは良さそうだ、、と思い購入した結果、大満足でした。

iPhoneと一眼レフとの比較

言わずもがな、手軽さですね。

ポケットに入り、ネットワークにつながっているからすぐに送ることができる。さらに、SDカードいらず。容量が最初から入っている。スマホ機能が使える。

たしかに画質は一眼レフに比べて劣ります。

しかし、WEB上にアップする写真はサイズが小さいので画質の違いはよくわかりません。

大きく引き伸ばし、印刷した時には顕著な違いがあります、が、

「写真って印刷しないな。してもノハナとか年賀状サイズかな。年賀状もそもそもやめようと思っているし。撮ってすぐ親に子供の写真を送れるし。毎日持っているから忘れることもない。うーん、、いいな。」

と気づいてから、とiPhone 7 plus をきっかけに、 スマホカメラに移行しました。

iPhone 11 pro のカメラ進化

今回の11proは超広角レンズに加え、ナイトモードも搭載ということで、どんな写真が撮れるのかワクワクしました。

元一眼レフユーザーからすると、超広角を楽しめるのはとても嬉しいです。一眼レフの超広角レンズってすごい高いんですよ。。

さらに、ナイトモード。

夜景をきれいに撮るのって難しいです。

F1.8ぐらいの明るいレンズを購入して、露出や絞りを調整して手振れしないように気を付けて撮りますから、お金もかかるし気も使うし、写真をあまり楽しめなくなっていた自分がいました。

X,XSシリーズから考えるとコスパがいい。安い、と言っていい。

iPhone X あたりから iPhone が 10万円をこえるようになってきました。

当時は、「スマホに10万なんてありえない」と思いましたし、

今でもそう思っています。

しかし、私は今回iPhone 11 pro 256GBに13.5万円出しています。

iPhone 7 Plus は 約8万円。今回は5.5万円も高いです。

それでも購入に至ったのは、上述の通りカメラがいいからです。

  あくまで、カメラが趣味、写真や動画が好き、という方のための商品だと思いますが、私は写真や動画が好きです。

でも、一眼レフは挫折しています。

最後に後押ししたのが価格設定です。iPhone 11 pro は安い。買い。

一眼レフと超広角レンズやF値が明かるいレンズを合わせると20万円ぐらいします。

画質は劣りますが、持ち回りの良さとトレードオフで、私は持ち回りの良さを選びます。

前の機種のiPhone XS 256GB の値段は140,184円(8%税込)です。

5000円ほど安くなったうえに、超広角レンズとナイトモードが盛り込まれていて、カメラ目線でいけば安いんじゃないかな、と感じたのです。

それでもiPhone 7 plus から 5万円高いですが、コンデジや一眼レフを買う心づもりでいれば、"出せる"と思いました。

購入前の素朴な疑問

5G未対応だから、対応してからの方がいい気がする

現時点で、11シリーズは5Gに対応していませんが、 5Gが今のスマホの4G並みに2024年と言われていますが、まだ実現していないので、その未来待つよりも早くスマホ機能付きポケット3眼カメラを使って楽しみたい、と私は思ったのです。

格安simは使えるの?

私は、mineo(マイネオ)というサービスを使っています。私はアップル公式サイトからSimフリー端末を購入していますので、何も問題なく、電話もラインもサファリもすべて使えます。

まとめ

iPhone 11 pro のカメラレビュー、選び方、購入理由をお伝えしました。

なんだかんだ書きましたが、一言でいうと大満足!です。

この情報があなたの参考になれば幸いです。

Copyright© 地方でWEB暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.