パソコン便利グッズ ブログ

はじめてのマルチディスプレイ 必要なものと選び方

マルチディスプレイ BenQ

こんにちは。ステップです。

売上データを見ながらエクセル入力したり、

参考バナーを見ながら画像編集をするときマルチディスプレイは便利です。

わたしはネットショップを複数運営していまして、

店舗別に画面を分けたかったのでマルチディスプレイ環境にしています。

今回ははじめてマルチディスプレイを導入しようとしている方に、

選び方を紹介します。

[char no="1" char="ステップ"] どうやって選んだらいいか迷っている。 選び方がよくわからない 失敗するのは嫌だ[/char]

こんなことを思っていませんか?

この記事を読めばマルチディスプレイ選びの方向性が掴めます。

わたしの例をもとに、

ノートパソコン( macbook pro )に2台接続するケースでお伝えします。

必要なものと選び方

  • モニター
  • モニターアーム
  • 接続コード

この3つを選びます。

モニター選び 

一番悩むのがモニター選びです。

以下のポイントを考えていき、自分の環境に合わせて1つ1つ絞り込んでいきましょう。

  • サイズ
  • 高さ調節の有無
  • ピボット機能の有無
  • 光沢or非光沢パネル
  • 音声出力
  • スリムベゼル(オススメ)
  • 同じディスプレイを選ぶ(オススメ)
  • ケーブル通しがあるか

モニターサイズの選び方

一番考えるべきは、サイズです。

サイズ選びを間違えると快適性を失います。

机のサイズを知ることが適切なディスプレイを選ぶ上で最重要項目となります。

  •   奥行、正確には椅子からの距離
  •  机の横幅

以上の2つの視点で分けていきましょう。

私は下記のサイトを参考にして、21.5インチを2つ購入しました。

[keni-linkcard url="https://www.fujitsu.com/jp/about/businesspolicy/tech/design/ud/vdt/index-page3.html"]

奥行、正確には椅子からの距離

わたしの机は45cmの奥行きです。

しかし、実質70cmになります。

パソコン専用デスクなので、キーボードスライダーがついており、

椅子からのディスプレイの距離が少し拡張されます。

約70cmになりますので、最大で27インチまでが限度です。

27インチを一度試したのですが、これは画面が大きすぎて逆に使いづらかったです。

これは返品しました。

どうかな、と思ったらAmazonで頼んでみるといいですよ。30日間は返品無料なのでサイズ感が知りたい場合は実際に買ってみて自分の環境に当てはめてみると判断が早いです。

横幅

あとは横幅を検討しましょう。

横幅が100cmなので27インチを2個置くことは難しいので27インチは脱落です。

候補として24インチ、23インチ、21インチがありますが、

2つディスプレイを並べたときの横幅が広すぎると、首を振る角度も増えるので疲れに影響します。

すこしでも首を降る距離を抑えたい、また用途から考えて、21.5サイズにしました。

結果、快適です。

しかし23インチか24インチでも良かったかも、と考えますが、その分値段が安くコンパクトですから自分にとっては21.5×2の判断で良かったです。

実質42インチですからね。だいぶ余裕ありますよ。

もっと大きい画面をお望みの方は、奥行きを十分取れるデスク、かつ広いお部屋だといいと思います。

大きければいい、というのではなく自分の環境にあったものを選びましょう。

高さ調節の有無

私はモニターアムを使うと決めましたので、高さ調整機能なしのものを選びました。そのぶん少し安くなります。

ピボット(縦回転)有無

縦型で使うウェブショップで商品ページを見るときにはおすすめですが、

私は目線を上下すると疲れるので、なしにしました。

音声出力

スピーカー搭載のものがあります。

別置きスピーカーをお持ちでない場合は、スピーカー付きがおすすめです。

光沢or非光沢パネル

長時間作業する方は、目に優しい非光沢(グレア)タイプがおすすめです。

スリムベゼル

継ぎ目がないもののほうが見やすいです。

シームレスデザインは最近のトレンドでもあります。

同じディスプレイを選ぶ

2つ同じデザインで統一感があり、スタイリッシュです。

ケーブル通しつき

見た目をスッキリさせたい場合は、ケーブル通しが付いているものをおすすめします。

モニターアーム

モニターアームが必要かどうかを考えましょう。

机の環境を確認しましょう。

  •  机がまた平らではない
  •  机の奥行きがなく、机上のスペースが狭い

これに当てはまる方は、モニターアームが必要かと思います。

わたしのパソコンデスクは、2つ既製品をくっつけているのですが、

微妙な段差があります!

同じメーカーなのになぜかぴったり合わない。。

これだと、画面の高さがずれて使いづらくなります。

さらに机の奥行きも45cmと狭いので、モニターアームを導入してディスプレイの高さと角度を微調整できるようにしました。



[char no="1" char="クロコ"] こちらは私が購入したモニタアームです。格安で頑丈なのでおすすめです。最大10kgのモニターまで持ち上げられますので、34インチのウルトラワイドモニターやiMacのVESAモデルにも対応しています。

わざわざ1万円を超えるエルゴトロのモニターアームを購入する必要はない、と個人的には思います。

2018年12月の段階では売り出し中ということもあり、2,680円でしたが、2020年3月では4,380円になっています。Amazonはよく売れる商品は値上げが行われますので、必要と思ったタイミングで購入するのが吉です。
[/char]

※追記
34インチのウルトラワイドモニターを導入しました!
こちらの記事も一緒に読まれています▼

【動画付き】34インチ曲面ウルトラワイドモニターLG34WL75C-Bレビュー、購入理由(解像度が重要)

接続コード

今お持ちのパソコンのポートを確認してください。

ディスプレイに接続できるポートは以下があります。

  • HDMI
  • VGA
  • DVI
  • USB-C
  • USB3.1
  • 6.Thuderbolt

変換プラグ・変換ケーブルを用意しましょう。

わたしは2016年以前のmacbook pro なので、

mini displayport とHDMIケーブルが付いています。

HDMIは配線1つで接続できます。HDMIケーブルはディスプレイに付属している場合が多いので、

ディスプレイの購入時に確認して無駄な買い物をさけましょう。

miniディスプレイポートからVGAやDVIに接続できるものはディスプレイに付属していませんので、

別途購入する必要があります。

わたしは買ったものはこれです。

Mac lab cables
Maclab D-sub ケーブル

BenQ2283用にVGAケーブルの変換プラグです。

ほか、お持ちのパソコンとディスプレイの接続端子を照らし合わせて、対応するものを検討しましょう。

詳しくは、接続方法で解説します。

最終的に買ったもの

  • BenQディスプレイ×2
  • モニターアーム BESTEK
  • 接続コード:MacLab. Thunderbolt ( Mini Displayport ) → VGA 変換ケーブル

まとめ

マルチディスプレイの選ぶうえで大切なことは、

  • 自分の机の奥行き、かたち
  • 自分のパソコンのポート

を最優先で把握することです。

そもそも置けない、そもそも接続できない

では意味がないですからね。

そのあとにモニターのデザインや周辺機器で必要なもの(モニターアームや接続コード)を選んでいきましょう。

継ぎ目がきになる方は、ウルトラワイドモニターもいいですよ!

2019年の12月にウルトラワイドモニターを購入しました。価格は上がりますが、使い勝手が良いので、マルチディスプレイに迷っている方はこちらの記事もご覧ください。

【動画付き】34インチ曲面ウルトラワイドモニターLG34WL75C-Bレビュー、購入理由(解像度が重要)

Copyright© 地方でWEB暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.