ネットショップ

楽天ブラックフライデー2019まとめ、気になるポイント付与日

楽天ブラックフライデー 2019 まとめ

先日、アマゾンでブラックフライデーというイベントが行われましたが、楽天でも開催されています。

小さい文字で書いてある大事なところを伝えます。

開催期間

2019年11月28日木10:00~11月30日土23:59

約3日間ですが、28日は朝10時からなので、実質的には62時間のセールになります。

概要

イベントというからには、なんらかの形でお客さんに還元します。その形は一つではありません。

  1. 楽天ポイントでお返し
  2. クーポン値引き
  3. 現金値引き

大きくはこの3つの還元の形があります。

最大44倍は難しい

最大44倍!とうたっていますが、はじめにお伝えすると44倍獲得は現実的ではありません。

上記の図をみてください。

1番から3番すべて満たしたら、44倍です。
2番と3番に課題があります。

2番は各ストアが20倍のポイントを負担することです。実際にはお店のポイントは10倍か5倍ぐらいまでがいいところです。欲しい商品で、お店側がポイントを大盤振る舞いしているところを見つけるのは難しいでしょう。

3番はSPUアッププログラムは楽天のサービスをフル活用してのことですから、私のように楽天カードを持っていてアプリを使うだけの方であれば実際には2.5倍の還元率になります。2番と3番は合わせて10倍もらえたらいいほうじゃないでしょうか。1倍がしかし、10倍〜15倍ならわりと現実的です。

注目度1:楽天ポイント最大10倍(ブラックフライデーだけのポイント企画)

イベント時の楽天ポイントは期間固定ポイントという有効期限が決まっていますが、特定商品のタイムセールと違って、全商品がポイント対象になっていることころが嬉しいです。

特定商品のタイムセールは欲しいものがそこに掲載されていなければ特典を得ることはできませんが、全品ポイントアップであれば、欲しいものをお得に買うことができます。

今回は、買った金額に応じてポイント倍率が上がるパターンです。

買ったお店の数によってポイント倍率が上がる、お買い物マラソンとは違います。

こちらは高額商品のお買い物に適しています。

例えば、電化製品の買い替えにはいいんじゃないでしょうか?

冷蔵庫、洗濯機、腕時計など自然と10万円付近が相場の商品の買い替えであれば10倍返ってきますから、私はパソコンや一眼レフの買い替え維持を検討しています。

注目度2:特定商品のセール

こちらは30%オフなど大きな割引がある商品が並んでいますが、自分が欲しいものがあれば買いです。

注目度3:最大9600円クーポン

クーポン値引きは、即時値引きなので、ポイントのように還元を待たなくていいのがメリットです。
しかし、この早い者勝ちの獲得戦のクーポンはアクセスした時点ではもうクーポンが獲得できないことが多いので、あまり期待しないほうがいいでしょう。

やっておきたいこと

  1. エントリーすること
  2. ポイントの獲得上限を把握すること

エントリー

エントリーボタンを押さないと、条件を満たしていてもポイントの還元になりません。まずはじめに押しておきましょう。

上限の把握

シュミレーションしてみましょう!

今欲しいのは、α6600というソニーのミラーレス一眼カメラです!

だいたい16万ぐらいします。

こちらは10万円を超えますから、10倍になりますね。

まず、10倍だから商品金額の160000に0.1をかけます。

16000円のポイントが返ってくる、やったー!というのは間違いです。

上限額は12000と書いています。

つまり、16000円のポイントは上限オーバーになり、12000円までとなり、4000円分はポイントをもらうことはできません。

これは注意が必要です。

しかし、これは月1~2で開催されるお買い物マラソンの上限獲得10000円に比べると、実は2000ポイントほど多く獲得できます。

ですから、実際には120,000円までの買い物ではフルにポイント10倍(12,000ポイント)が返ってきます。

ポイント付与日と有効期限のイメージ

ポイント獲得の有効期限は12月15日。

そこから、年が明けて2020年(令和も2年に入ります)の1月31日にまで使える、約1か月半の有効期限がある楽天ポイントを獲得できます。

今回は以上です。

Copyright© 地方でWEB暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.