スマホ用クリップレンズ、Patech 238度超広角レンズでダイナミックな写真を撮ってみよう

おいでませ、イシンです。

面白いレンズを購入しました。

魚眼広角レンズのスマホ用クリップレンズ、

Patech 238度超広角レンズです。

同梱物です。レンズカバーと袋がついてきます。
Patech 238度超広角レンズ 側面 出目金です。

これが、面白い写真が撮れちゃいます。

広い場所へ行ったとき、逆に狭い場所にいるときも、

もう少し広く撮りたいときがあります。

例えば、野球場。(たまたま野球観戦チケットをもらうことができたので、ヤフオクドームにて、ソフトバンクホークスの試合を見にきました。ラッキーです。)


どうですか?広い場所に行ったとき、ダイナミックさが伝わりやすくないですか?


こちら同じ場所から撮影しています。指定席なので試合中は移動できませんからね。

例えばその2、部屋。

部屋
Patech 238度超広角レンズ使用 もちろん同じ場所からです。

使い方:

レンズの場所を調整して、はめるだけ。

Patech 238度超広角レンズ 裏側
Patech 238度超広角レンズ 裏側

しかし!
このレンズを装着するときは、今使っているスマホケースは一時的に外したほうがいいです。

ケースをつけたまま装着して撮影すると反射の関係なのか、少しぼやけてしまいます。

これを持って旅行や大自然を壮大に納めたいと思います。

ほいじゃまた。

初めて買ったデジカメCanon IXY DIGITAL 30a

おいでませ、イシンです。

久々の実家で掃除をしていたら、こんなものが!

僕が初めて買ったデジカメです。

Canon IXY DIGITAL 30a

これ驚くことに、300万画素なんですよ。す、少ない。。
今使っているiPhone7plusは1200万画素みたいですよ、技術の進化とともに時代は変わります。これもすべて人間が作り上げているのだから人間はすごい。

さらに、今見ると、

背面の液晶ちっちぇえええええ

これスマホより画面ちっちゃいよね?
いやそれどころかガラケーよりちっちゃいやん。
見えんのこれ?ってなります。

ただ、当時は中田英寿さんがCMをしていて、そのスーツの胸ポケットに入るスリムなスタイルがカッコいい広告に判断能力を奪われてビックカメラに直行です。

3万円ぐらいしましたが、もー大満足ですよ。
デジカメって僕にとって革命でしたからね。

こんなカメラを持って海外へ行ってる自分カッケー、

と背伸びしたい大人びたい当時の自分には、そんな気分だけでも元が取れていた気がします。

一人旅(このデジカメと初めて)ニューヨーク。元画像探索中。。

 

さらに、まだ僕の生活にパソコンが必須でなかった頃、パソコンを使うきっかけも与えてくれました。取り込みやら印刷やら。

写真や撮影以外にも、そういった新しい経験や所有感、外に連れ出すきっかけを作ってくれた想い出があります。

この時から「新しいものにはなるべく触れよう!自分に新しい、そして面白い経験を与えてくれる可能性がある。」と感じるようになった気がします。

なので、これからもピンときたものは使ってみる。

世の中やってみなければ分からないこと多すぎると思いますよ。

 

姫路城から。

あの頃と同じように、まだ見たことのない景色を探し続けようじゃない。

ほいじゃまた。

オリンパス超広角レンズ Zuiko 9mm-18mmの画角はどんな感じ?

おいでませ、イシンです。

オリンパスさんの超広角レンズが届きました。

Zuiko 9mm-18mm 超広角レンズ
Zuiko 9mm-18mm 超広角レンズ

今の標準レンズは14mm-42mm35mm換算で28mm~84mm)と画角は万能なのですが、ミラーレス一眼レフでしか撮れない写真を狙うなら、超広角は経験しておきたいと思ったのです。

参考画角はこんな感じです。

▼28mm(35mm換算)

28mm(35mm換算)
28mm(35mm換算)

初代のSony RX100の広角画角はこちらです。歪みも少なく使いやすいと思います。

▼24mm(35mm換算)

24mm(35mm換算)
24mm(35mm換算)

最近のコンデジの広角端ではこの画角はよく用いられますね。少し広くなりました。

▼18mm(35mm換算。このレンズでいう9mm表示の画角)

18mm(35mm換算)
18mm(35mm換算)

どうでしょう?両端にあるアルバムやカメラがしっかりと映っていますね。

▼大きな建物でも、後ろに何歩も下がらなくても撮影できます。

18mm zuiko広角レンズ
18mm zuiko広角レンズ

IKEA新宮です。福岡にも車でよく行きます。

今後は、大きい建物や広大な自然を目にした時、こちらのレンズでしっかりと収めてみたいですね。

ほいじゃまた!

iPhone 7 plus カメラとしてのレビュー ポートレートモードなど

iPhone 7 plus はスナップカメラとしてどうなのか??

すごくいいですよ。
カメラで難しいことを叶えてくれる、痒い所に手が届くスマホカメラです。

●カメラで難しいこと

・素早いズーム(ワンタッチズーム)

・片手で自撮り

・ポートレートモード

・シェア

・簡単な編集

・ポケットに入る

画角の切り替えが楽

=広角、望遠、ポートレート、自撮りがワンタッチで、しかも片手で切り替えできるんです!

 

iPhone 7 plus 広角端 28mm相当
iPhone 7 plus 広角端 28mm相当

真ん中の「1x」のボタンで広角と望遠の切り替えができます。

iPhone 7 plus 望遠端 画質 作例 実写
iPhone 7 plus 望遠端 56mm相当

これはiPhone 7 plus ならではのデュアルレンズ(レンズが2個ついている)ならではの機能ですね。

普通のスマホだと、左手でスマホを持って、右手でピンチアウトする、

みたいに両手を使わないとならないですよね。

なんと片手で、ワンタッチなんですよ。いやー楽ちんです!

自撮りはお馴染みの右下の切り替えボタンでできますよね。

ファミリーフォトの場合には役に立ちますよ。
人に頼みづらい時、そもそもなかなか人が通らない時に重宝します。

ポートレートモード

=背景ぼかしモードです。これもワンタッチ。正確には被写界深度エフェクトという名前ですが、僕は「ぼけモード」と勝手に呼んでいます。以下ご覧ください。

iPhone 7 plus ポートレートモード 被写界深度エフェクト
iPhone 7 plus ポートレートモード 被写界深度エフェクト

しっかりと背景がボケていますね。

iPhone 7 plus デュアルレンズ望遠側 元画像
iPhone 7 plus デュアルレンズ望遠側 元画像

設定で元画像を残すor残さないを選べるのですが、僕は比較を楽しみたいのであえて残すようにしています。

ぼけモード楽しいですよ。

シェア

すぐにLINEで送る、SNSにアップすることができるのは強みですね。

元祖SONY RX100Wifi転送機能が付いておらず、すぐに写真を転送したい時にできなかったことでスマホ写真の良さに気づくことができました。

簡単な編集

「切り抜き」はよく使います。簡易的な写真なら一旦PCに取り込み、フォトショップでパワーを使う作業はやめて、指でなぞるように加工できます。

ポケットに入る

メモ的に写真を撮りたい場合はスッと取り出せることが大事ですね。

例えば、ご飯の写真やバスの時刻表などを記録しておきたい時、一眼レフを構えるのは周りの人をびっくりさせてしまう可能性があります。

コンデジを鞄から取り出してっていうのも2017年現在なら少し面倒な気がしますね。

iPhone 7 plusはとてもいい カメラは使い分けるのがいいんじゃないか

持ち運びできて、画質良くて、画角も遊べて、シェアできて、すごく万能なカメラだと思います。
一瞬だけ、「もうこれでいいんじゃね?」って思っちゃうんですがやはり
以前の記事でも書きましたが、それでも夜景は高級コンデジが好きですし、大きなぼけや広角は一眼レフ、アートフィルターを使いたい時はオリンパスを使いたくなります。結論、

シーンによって使い分けるのが一番ですね。

山口県の長門市出身の有名な詩人、金子みすゞ氏は「私と小鳥と鈴と」と言う詩の中でこう謳っています。

「みんな違ってみんないい」

思春期に影響を受けたSMAPさんの世界に一つだけの花ではこう言っています。

「人それぞれ好みはあるけど、どれもみんな綺麗だね」

そうなんです!

どれもいいんです。

スマホもコンデジもミラーレスも一眼レフも。
フィルムカメラでもインスタントカメラ、チェキでもなんでも。

使い分けができれば最高ですね。

スマホ全般の機能としてのiPhone 7 Plusのお話はまた別記事でやろうと思います。

ほいじゃ、また!