飛行機写真には望遠レンズ 〜M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 Rを使用〜

おいでませ。イシンです。

焦点距離300mm アートフィルター/ドラマチックトーン
焦点距離300mm アートフィルター/ドラマチックトーン

本日は山口宇部空港にハンドメイドの出店があるということで、妻の付き添いで出かけることにしました。

なんとそのイベントの期間に合わせて、山口宇部空港の展望デッキが無料で公開されると聞きました。それなら飛行機写真に挑戦してみよう、と押し入れの奥にある望遠レンズを引っ張り出して、

「よし、今日はこいつを使うぞ」と意気込んで参りました。

M.ZUIKO ED 40-150mm
M.ZUIKO ED 40-150mm

写真公開の前にここでふと今日ふと思ったことを回想します。

女性のカメラについてなのですが、妻はいいカメラを持っているのにもかかわらず、最近はもっぱらスマホで撮影しています。

いや、いいんですよ、でももう少しレンズについての知識が簡単で習得しやすいものだったら、押し入れにしまわれずにカメラのパワーを最大限に引き出せていたのかなーと思うときがあります。

オリンパスさんってプロモーションが上手だったんでしょうね。

特にpenに宮崎あおいさんを起用して、私の妻のように「カメラ女子になりたい女子」の市場を生んだとも思います。

ただ、レンズ交換式カメラは名の通り、「レンズ交換が肝」なので、

レンズの知識を習得して、レンズを揃えて、撮りたい絵に合わせて適切なレンズを選択するって行為が必要だと思います。

自分はたまたまレンズの知識を得る機会があったのですが、何もないままだと標準レンズを付けっ放しにして、スナップを撮るって行動になりますよね。


「レンズ変えたらこんなに印象違うんだよ」って教えてあげたいんですよね。

penのボディを売っても大したお金にはならない。

だったら、スマホやコンデジでは撮れない写真を撮るためのレンズを購入して、実際に撮ってみて、見せて「このカメラ買っといてよかった」と思わせてあげたいんですよ。

なので、気の向くままにいろいろ挑戦しようと思います^ ^

望遠レンズの目的

=遠いものを撮る。絶対に近寄れないものを撮る。ですね。

自分の生活に置き換えてみると、

子供の行事関連(お遊戯会、運動会)

動物(野鳥、動物園)

スポーツ観戦

飛行機

パッと思いついただけでも意外とありました。

これから使う機会は増えていくんでしょうね、今のうちにパシッと撮れるように経験を積んでおきます。

使ったレンズ


今回使ったレンズは、

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 Rです。

35mm換算すると80mm-最大300mmまで結構遠いところまで写せるのでいいですね。

望遠レンズの魅力

今回は望遠レンズを楽しむことができました。

その魅力はなんといっても、

「絶対に近寄れないものを写すことができる」

ところでしょう。

機長さんが展望デッキに向かって手を振っていたなんて少し感動しましたよ。

マニュアル 1/800 F8 焦点距離300mm
マニュアル 1/800 F8 焦点距離300mm

飛び立つ瞬間は、羽根も写したかったので今度は撮る角度も変えてみます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、いつか夜の飛行機も取ってみたいですね。

今日もありがとうございました。

おまけ iPhone7 plus 広角端
おまけ iPhone7 plus 広角端

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA